文京区,ピアノ,三浦コウ,レッスン

子どもの習い事にピアノって必要!?

ピアニストの三浦コウ@Miura_Kofficialです!

東京都文京区でピアノレッスンをしています。

子供の頃は何の習い事をしていましたか!?
水泳、サッカーなどのスポーツや塾といった勉学の習い事をしていた方も多いと思います。
僕も水泳、サッカー、塾は一通り習っていました。(勉強よりも運動やピアノを弾く事の方が好きでしたが……)

子どもの習い事にピアノは必要!?
そう思っている方もなかにはいらっしゃるかと思います。
水泳、塾、などなど勉学や自分の身を守る習い事はとても大切だと思います。

さて、ピアノはどうでしょうか。
命に関わるわけでもありませんし、ピアノが弾けなくて困るという事は少ないかもしれません。
ですが、その中で僕が体験したピアノを習って良かったなぁと思う事を紹介します。

1.極度の緊張が徐々に和らいだ

全く緊張しなくなった、と言いたいところですが全く緊張しない事はありません。
人前で弾く、何かを発表する事は真剣に取り組んでいる分、やはり緊張はするものです。
僕は子どもの頃、あまりに緊張してドの位置がわからなくなったり、頭が真っ白になり気づけば弾き終わっていたなんて事もありました。

そんな異常な緊張しいだった僕ですが、失敗しながら何度も人前に出続ける事で少しずつ慣れていきます。
なんとか人並みの緊張くらいまでになりました。(よかった……)

人前に出るという事は大人になってからも必要なので、子どもの頃から少しずつ慣れていくと良いですね!

2.特技ができる

大人になっても趣味や特技を持つ事はとても大事だと思っています。
時間が空いた時にする趣味があればとても有意義に過ごせますし、人前で弾けばちょっとした特技にもなります。
お出掛け先などで寄った所にピアノが置いてあって、何気なく弾けたら素敵ですね!
習っているであろう曲を弾いている子どもをたまに見かけたりします。

人前で演奏しなくても自分で楽しめて、リラックスして音楽を奏でられますし、何より楽しくて気づけば時間はあっという間に過ぎています!

東大生の2人に1人はピアノを弾けるというデータもあるほど、楽しいだけでなく脳にも良いと言われているようです。

3.運動能力が良くなった

これは少し意外だと思いますが、運動能力が上がります。筋力や体力のアップというよりも、リズム感の向上です。
運動はどんな競技でもリズムが存在します。水泳には水泳のリズム、卓球には卓球のリズムがあるように、このリズム感をつける事で運動能力がアップしていきます。

リズム感は大人になってからよりも子どもの頃から学習すればより吸収が早く身に付ける事ができます。
数ある習い事の中でピアノは様々な事に良い効果があり、繋がっていきます。

ぜひピアノを初めてみましょう!

文京区,ピアノ,三浦コウ

東京都文京区千駄木で子どもから大人、ピアノ初心者〜上級者の方までレッスンしております。

文京区 本駒込 白山
荒川区 日暮里 西日暮里
北区 田端
台東区 根津 谷中
などからもアクセス可能ですので、お気軽にご連絡ください!

お問い合わせはこちら

拡散/Share
PAGE TOP