【楽譜が読めない人必見】楽譜の読み方をお教えします!これであなたも楽譜が読めるようになる!〜日暮里からも通えるピアノ教室〜

ピアニストの三浦コウ@Miura_Kofficialです!

文京区を中心にピアノのレッスンをしております。

楽譜が読めるようになりたい……でもどうやって学べば良いかわからない……
そういう方は多くいると思います。

この記事では、少しでも読めるようになるコツをご紹介します。

楽譜の読み方!〜まずは音の名前を覚えよう〜
〜日暮里からも通えるピアノ教室〜


「ドレミファソラシド」誰でも学校で習った音の名前です。この読み方、実はイタリア語なんです。
日本語では、ハニホヘトイロハといいます。いろは歌から由来しています。

英語が一番馴染みの無い読み方だと思います。ポップスやジャズなどで使われる「コード」ではよく出てきます。

基本の「ドレミファソラシド」
そして日本語の「ハニホヘトイロハ」
この2つは覚えておくと便利です。

「ドレミファソラシド」は言えても
意外に言いにくいのは「ドシラソファミレド」です。
このあたりはスラスラと言えるようにしておきましょう。

楽譜の読み方!〜ト音記号とヘ音記号〜
〜日暮里からも通えるピアノ教室〜

楽譜には主にト音記号ヘ音記号という記号が使われています。

歌の楽譜にはト音記号
ヴァイオリンもト音記号
低い音の出るチェロはへ音記号
コントラバスもへ音記号

と、楽器によって得意な音の高さが異なるので、それによってト音記号へ音記号を使い分けています。

ピアノは両手で低い音から高い音まで弾くため、なんとどちらの記号も出てきます。
しかも同時に読んでいかなくてはなりません。楽器の王様と言われるだけありますね……


上がト音記号
下がへ音記号です。
まずはそれぞれの「ド」の位置を覚えましょう。

楽譜の読み方!〜ト音記号のド
〜日暮里からも通えるピアノ教室〜

これらは全て高さは違いますが「ド」です。基本なので、覚えてしまいましょう。
「ド」を覚えておくと、下記のような音が出てきた時にの「ド」から一つ下の「シ」だと数える事ができます。
便利ですね!

楽譜の読み方!〜ヘ音記号のド〜
〜日暮里からも通えるピアノ教室〜

これらはヘ音記号の「ド」です。こちらも覚えましょう。
下記の音が出てきた場合、
の「ド」から四つ上
もしくは
の「ド」から三つ下の「ソ」
と数える事ができます。

楽譜の読み方!〜まとめ〜
〜日暮里からも通えるピアノ教室〜

これらト音記号、ヘ音記号のドは覚えておきましょう。一気に楽譜が読みやすくなりますよ!
瞬時に読めなくても大丈夫です。最初のうちは、時間が掛かっても数えて確実に読む練習をしましょう。
何度も読んでいれば、次第にパッと見てわかるようになります。

実際のレッスンでは、スラスラ読めるようになるコツや基礎を固めることが出来ます。弾きたい曲の音符もあっという間に読めるようになりますよ。
ぜひお気軽にお問い合わせください!

文京区,ピアノ,三浦コウ

東京都文京区千駄木で子どもから大人、ピアノ初心者〜上級者の方までレッスンしております。

文京区 本駒込 白山
荒川区 日暮里 西日暮里
北区 田端
台東区 根津 谷中
などからもアクセス可能ですので、お気軽にご連絡ください!

お問い合わせはこちら

拡散/Share

関連記事

  1. 文京区,ピアノ,三浦コウ
  2. 文京区,ピアノ,三浦コウ,レッスン
PAGE TOP